とれたてピット情報

サンケイスポーツ旗争奪 第48回尼崎選手権競走 5日目
2017/02/27 12:20

昨8Rでは草場康幸選手が見事『通算1000勝』を達成。レース後は水神祭の祝福も受けたそうですが、その音頭をとったのが今節最年長の板谷茂樹選手。当のご本人も『通算1500勝』が目前に迫っていますが、「いやいや…ワシはまだええよ。こんな時期に水の中に放り込まれたら、心臓がキュッとなってしもうて…大変なことになるでしょう?(笑)」…いやいや、少しでも早く“記録達成”の知らせを届けてもらいたいものです。

そんな『通算1500勝』を先月地元でクリアした吉川元浩選手が予選トップ通過。【12R】の主役は譲れません。

「出て行くような足やないけど、出足、回り足はしっかりしてるからね。あとはスタート。今節は難しいし、そこだけでしょう。」

風向きの変化もあって、今節はいつも以上に多くの選手が課題に挙げる「スタート」。吉川選手も例外ではないようですが、勝負どころはまず“遅れない”タイプ。信頼に値しそうです。

そこに続きたいのが同じく地元の山本隆幸選手ですが、正味の機力では『26号機(49%)』大賀広幸選手に分がある印象も。展開的にはその外、「足は悪くない」妹尾忠幸選手が“穴目”でしょうか?

その前の【11R】も内枠勢は強力で、中でも大峯豊選手の足色はかなりのレベル。他選手からも「大峯選手は出てる」そんな声が多く聞かれます。

そんな大峯選手にどう迫るか?地元の期待を担うのが藤岡俊介選手。昨後半では「新ペラ」交換という予期せぬ事態も起こりましたが…

「試運転中にペラが変形したんです。他の選手からは“亀”に当たったんちゃうか?って(苦笑)。急やったんで参りましたね。でも、レースに行ったら大丈夫やったし、前より良くなってるかも?」

持ち前の“速攻力”に期待となります。

ちなみに【10R】も「1枠」はかなり強力で、松井繁選手の名前が。ペラのマッチングにはなかなか納得出来ないようですが、インなら当然、王道の“逃げ”!?とはいえ、外に並ぶ松尾昂明選手も手応えの良さを口にします。

「伸びは変わらず凄いし、手前の足もしっかり来てるんで、これなら2コースでも楽しみな仕上がり。松井さんを逆転?…是非狙いたいですね!(笑)」

“王者の舞”にどこまで迫るか?注目しましょう。

登録