レース展望・出場予定選手

リストから選んでください

第28回サンスポグリーンカップ争奪戦

5/28(日)・29(月)・30(火)・31(水)・6/1(木)・2(金)

  • 3909
    佐々木康幸(静岡)

  • 3995
    重野哲之(静岡)

  • 4760
    山崎郡(大阪)

  • 3931
    黒崎竜也(三重)

鋭発&鋭ハンドルの佐々木康幸が
久々のセンプルVへ疾走

 2007年9月のオレンジカップV以降、佐々木康幸はG1やSGでしか尼崎に来ない印象がある。今回は2012年4月以来の一般戦。久々にセンプルVのチャンスだ。
 同じ静岡の重野哲之は尼崎通算V3と水面相性は上々。昨年V5の勝負強さで佐々木と一騎打ちだ。割って入るシーンを期待したいのが大阪の新星・山崎郡。今年になってG1の舞台を走るようになり勝率は伸び悩んでいるが、それでも2017年後期適用勝率は6.40でA1は確保。強化した地力で打倒・静岡両雄だ。2017年後期に7点近い勝率をマークした黒崎竜也は、尼崎に来るのが2014年9月以来。ただ、その時は優勝戦2着だった。持ち前の快速レースで見せ場を作るか。あと、A1キープが深井利寿森定晃史。コーナー戦ではヒケを取らない。
4587
木田峰由季
(福井)

A級返り咲き決めた!次はA1だ

 デビュー8年目に入った2017年後期は勝率5.83で走り終え、1期でA級(A2)返り咲きを決めた。これで4度目のA2。「初優勝とA1を目標に頑張ります」と5年目にA級昇級を決めた時に話していたが、初Vは既に達成(2015年9月開催の芦屋、進入固定の5コースからイン守田俊介をまくり差しで破った)。初A1へは1着より2、3着数がかなり多いのが課題。今年3月の企業杯で予選突破と好走した尼崎で勝率稼ぎだ。
  • 2017.03 [G3]
  • 2015.02 [一般]
  • 2014.11 [一般]
※数字は4月27日現在のものです。